手織りのバスケットバッグは最新の雰囲気です

繊維は、編まれたバスケットバッグよりも有効に活用されています。編まれたバスケットバッグは織布でできており、織りのプロセスでは、個々の糸をつなぎ合わせて単一の素材を作ります。

乾いた草や竹などの天然素材からバッグを織る芸術は何千年も前からあり、かご細工の技術は、わらのトートバッグがスタイリッシュなアイテムとして見られるようになった1950年代の古代エジプトにまでさかのぼります。

2019年、彼が私たちの想像力をかきたてたのは単なる基本的なバスケットではなく、主要なファッションブランドがこのトレンドを売り切れにしました。手作りの織りバッグは、かつてはビーチやマーケットのアクセサリーだったかもしれませんが、2019年には、ファッションがあらゆる分野に取り入れられました。

有名人やサラリーマンに見られるストローとラフィアのピースは、シックで装飾されたトートバッグ、籐のクラッチ、手の込んだクロスボディポーチです。これらのバッグは責任ではなく自由を伝えるので、最小限で取るに足らないものです。それらは、最後から2番目の夏のトートバッグ、シックなサイドバッグ、財布の形にすることができます。

胴体サイズのトートバッグからミニチュアピクニックバスケットやサイドバッグまで、考えられる形、色、サイズの最高のハンドバッグやバスケットバッグを見つけることができます。

手織りのバスケットバッグは天然素材で作られており、今シーズンで最も人気のあるアクセサリーになり、ファッション性の高いランクにランクインしています。


投稿時間:2020年3月30日